8 3月
2018

介護については早めに介護に関する準備をしておくことが必要

カテゴリ:介護, 終活ガイド

スポンサーリンク

 

一人でできないことはなんでしょうか?病気、介護、葬式ですね

◆病気は病院で治療しますから負担はお金だけです

◆お葬式は亡くなった後に家族が行うものです

◆この中でも1番大変なことが介護です

介護施設、老人ホームを検討中なら
⇒ 希望の老人ホーム・介護施設を無料で探せます



介護保険とは


40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。

65歳以上の方は、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において、介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。

40歳から64歳までの方は、介護保険の対象となる特定疾病により介護が必要と認定された場合は、介護サービスを受けることができます。

要介護状態や要支援状態にあるかどうか、市町村に設置される介護認定審査会において判定されます。


介護申請の流れ


介護する方も介護される方も大変な思いと肉体的苦痛を伴います
介護の認定により様々なサービスがありますのでよく理解し利用することが大事です

介護認定は申請してから約30日ほどの時間がかりますので、看護師等の人とよく話し合って申請すると良いでしょう。

1)電話等で市町村の相談窓口に連絡する。

65歳以上の高齢者になると介護サービスが受けられるようになります。

2)要介護認定の申請

住んでいる地域の役所の窓口に本人か家族が介護認定申請書を提出するようになります。

役所により申請に必要なものは違ってきますので、役所の窓口に問い合わせしてみてください。

特に注意したいのは、4] 訪問調査です。

いつもの本人でいることです。周りの人は危なっかしいと思っていても本人はしっかりしていると思っているので、訪問調査の時などは、元気にはっきりとNOの事もYESと言ってしまうと認定が下がってしまいますので、必ず立ち合いましょう。

それにより、介護保険の使える金額が低くなります。逆に言うと負担分が下がらないということです。

 


介護認定


●心身に関する状態の例
要介護度別に定義はないものの、区分ごとの心身の状態に関するイメージは次の通りです。

・要支援1
日常生活の基本的なことは、ほとんど自分で行うことができ、一部に介助が必要とされる状態です。適切な介護サービスを受けることによって、要介護状態になるのを予防できると考えられています。

・要支援2
要支援1よりも、立ち上がりや歩行などの運動機能に若干の低下が見られ、介助が必要とされる状態です。要支援1と同じく適切な介護サービスを受ければ、要介護状態になるのを予防できると考えられています。

・要介護1
自分の身の回りのことはほとんどできるものの、要支援2よりも運動機能や認知機能、思考力や理解力が低下し、部分的に介護が必要とされる状態です。

・要介護2
要介護1よりも日常生活能力や理解力が低下し、食事や排せつなど身の回りのことについても介護が必要とされる状態です。

・要介護3
食事や排せつなどが自分でできなくなり、ほぼ全面的に介護が必要な状態を指します。立ったり歩いたりできないことがあります。

・要介護4
要介護3よりも動作能力が低下し、日常生活全般に介護が必要な状態です。

・要介護5
要介護状態において、最も重度な状態です。一人で日常生活を送ることがほぼできず、食事や排せつのほか、着替え、寝返りなど、あらゆる場面で介護が必要とされます。意思の疎通も困難な状態です。

 

介護施設、老人ホームを検討中なら
⇒ 希望の老人ホーム・介護施設を無料で探せます



介護サービス内容


要介護度別に利用できるサービスが違います。

お金で言えば、使える金額が大きくなるということです。

これにより高額な設備やサービスなどが安く利用できることになります。

以下がサービス内容ですが、金額の差が多きいことがよくわかります。

 

 


介護しなければいけなくなったとき


介護と直面した場合に何をやっていいかさっぱりわからないで右往左往してしまいます。
高齢化に伴い避けては通れない問題となっています。

介護をするとなると他人に頼れない事情により家族が面倒を見たりします。その為会社を辞めざるを得ない状況になってしまう事もあります。

一度会社を辞めてしまうとほとんどの場合復帰することが難しくなり貧困生活となる可能性があります。

介護自体が大変な事なことはわかっていてもアドバイザー等に相談し、どうにかなりますが本人の行動範囲も狭まったりひどくなればベット生活も余儀なくされます。

認知症が入っている介護は大変だとよく言われています。
認知症を発症してしまうとちゃんとした話ができなくなり後の生活にも支障が出てきます。
本人が何も決められないと同時に性格や記憶も定かでなくなるので家族がすべての面倒を見ることになります。

そのほかに足腰が弱くなり歩くことが困難になるとともに寝たり起きたりの動作も介護を必要となることもあります。


高齢者によくみられる歩行障害について


「歩き方がおかしい」
「ふらつきがある」
「痛みがある」

などの症状が現れます。

特によく見られることが歩行速度の低下です。歩く歩幅の減少(ちょこちょこ歩き)や関節の動く範囲が小さくなるなどが多く見受けられます。

高齢になればなるほど下肢筋力の低下などにより『すり足歩行』は特に多くなります。

歩行障害の種類は

1)痙性歩行
2)失調性歩行
3)パーキンソン歩行

などがあります。

高齢になれば避けられない介護に対して、どの様にしたいかを記録しておくと家族に負担がかからなくなることもあります。

もし介護が必要になったときに正常な判断が出来れば家族と話し合い介護施設や老人介護施設等を検討することができます。

しかし大体が正常な判断ができないまま介護が必要になることが多いです。

高齢でなくても急に病気になり話ができない状態になることも十分に考えられます。

その様にならない為には日ごろから家族と介護について話し合うことが必要です。

介護資金や保険について再確認をしておきたいものです。

その為エンディングノートに介護について記録しておくことが大事な事となります。

ぜひ、自分の為、家族の為に介護に関してどのようにしてほしいかを記録しておきましょう。

 

 

まだ大丈夫?大丈夫でなくなるのはいつ来るかわかりませんよ!

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス

 

自宅介護が困難な人には、早めに老人ホーム・介護施設を探してみましょう。
安くても遠くにある施設は、交通費も時間もかかります。
良いところ、人気があるところはですぐにいっぱいになります。
年金で入れる介護施設や希望地域で予算内の施設を探すのが大事です。

介護施設、老人ホームを検討中なら
⇒ 希望の老人ホーム・介護施設を無料で探せます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス