25 2月
2018

エンディングノート メリット・デメリット 家族間のコミュニケーションツール


スポンサーリンク

エンディングノートのメリット


★自分が生きているうちは自分の為の自分史となります
★過去の思い出のまとめ
★未来への希望
★死を向けえた時のしてもらいたいこと
★友人・知人に対してのメッセージ
★家族に対するメッセージ
★財産等の記録
★特に残してきた家族に対してのメッセージは大切な記録となります

早くして亡くなった場合は、寄り添ってきた人への感謝とともにこれからの人生を楽しく生きて行ってほしいと願いを知らせることができます。

大切な人を亡くしたショックから心の傷や深い傷を受けます。
この心の傷をいやしてくれるのもエンディングノートの役割になっています。

いくら親類縁者が慰めてくれて一時の孤独感はなくなっても簡単に立ち直ることはできません。

しかしエンディングノートに記された言葉に本心を知りることができます。遺族はこれを読むことにより今後の心の支えとなることでしょう。

同様に余命宣告された人でも同様なことが言えます。

比較的高齢でなくなった場合の悲しみは少なくなると思います。
高齢だから、大往生したよねと称賛するかもしれませんが、長年連れ添ってきた人には、長いも短いもありません。

伴侶がいなくなってからはふさぎがちだったり、元気がなくなったりと、やはり心に大きなダメージを受けます。

そんな時のエンディングノートには楽しかった思い出や苦労した思い出が心のダメージを癒してくれるでしょう。

葬儀についての考え方や自分の葬儀の仕方を記録しておくことができます。
家族に迷惑がかからないように、家族葬や友人葬、火葬だけで葬儀はしないなどから
立派な葬儀をしてもらいたいなど様々に希望を書き残すことができます。
それにより、親戚や友人・知人に故人の希望によりしめやかに執り行うことの説明ができます。

以上のように自分の意思を明確に文字として残しておくと残された家族はトラブルなく葬儀等ができます。


エンディングノートのデメリット


あくまでも個人の日記に近い自分史であり、自分の考えを記録したものです。

亡くなった後に故人の意見や考えを尊重し実行すると思いますが、世間体やお付き合い等の関係で故人の意見を実行することができないこともあります。

遺言書と似ていますがあくまでも日記、記録的な物なので思いの詰まったメッセージ集だという事です。

遺言書のように法的な権限はないという事です。

ですから、いくらでも書き直しができて、その都度考えが変わってもいいわけです。
あまり見せたくありませんが、いきなりエンディングノートが出てくるよりも家族と共有していくという方法もあります。


エンディングノートは家族の在り方により有効なツール


留守にするときなどに使われる伝言板があります。
子供たちが学校から帰ってきたときに、留守である理由やおやつの場所のメモなどを書くボード、他には学校と親の連絡帳など。コミュニケーションの一部として利用されています。
ご主人や奥さんが帰ってきた時に、留守にしている理由やどこに行ったかなどのメモもありますね。

アナログな連絡手段からスマホのLINEやメールなどのデジタルな手段まで連絡手段は沢山あります。

スマホ、PCで行えば記録として残るし文字も綺麗だしと良いことだらけのように思われますが、道具がなくなったり、データが消えたりと完全ではありません。と言って紙のエンディングノートが万全ですというわけでもはありません。使い勝手で選ぶことが大事な事です。

デジタルで記録しアナログで残しておくことが1番安全で確実です。
ただしデジタルでは、パスワードや認証などが分からないと読むことすらできませんので、
やはり手元に置いておくエンディングノートが便利に使える道具となるでしょう。
エンディングノートの中には備忘録としてパスワード等の記録を残すページもあります。


家族間のコミュニケーションツール


エンディングノートは家族間のコミュニケーションツールとして利用するのも良い考えだと思います。
エンディングノートとして書かなくても、ここでは生活レベルのノートとして書くのもいいですね。

我が家ではLINEで簡単な連絡や話をしていますが、おじいさんやおばあさんはスマホを持っていないので連絡もできません。

そこでノートに書いておくことでコミュニケーションをとれるようになりました。
いろいろな事を書きこむことでエンディングノートの一部の役割をはたしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス