31 3月
2018

自分史とは何か?自分史の書き方と書く方法


スポンサーリンク

自分史とは


読んで字のごとく「自分の生きざまを記録」しておくものです。

書き方は簡単です。

生まれた年を最初に書き、今の年までの年号を順番に書いてみましょう。


始めの書き方


まず生まれた年を最初に書いてみましょう。

昭和?何年でもいいし、西暦で書いてもいいです。

自分が分かればいいから、まずは何かを書き始めることがポイントです。

最初の一歩って、かなりエネルギーがいるんですね。

ああでもない、こうでもない、

余計な事ばかり考えて、何も進まないなんてよくあることです。

生まれた時の事を、誰に聞こうか?

誰もいません・・・

それならば、自分で自分の赤ちゃんの時の事をコメントして見ましょう。

「この子は、生まれた時にお猿さんのように真っ赤な顔をして泣いていました。小さな泣き声は愛おしく、生まれてきてくれてありがとうと思いました」

なんて、生み母の気持ちになってコメントしてもいいですね。


全体のイメージを書いてみよう


生まれた年から、今の年まで順番に書けましたか?

思い出したところから、内容を書き留めてみて下さい。

急ぐ必要はありません、ゆっくりと考えて書いてみて下さい。

だいたい書けたら、全体を眺めてながら思い出を巡らせてみましょう。

そうするといろいろなことが思い出されてきます。

単純に時系列に並べただけでは面白くも楽しくもありませんので、

その都度の場面を思い出し意見や感想を書いても面白いです。


エンディングノート


エンディングノートの中には

生まれた時から今までの記憶をたどり記録する自分史

これから訪れる死までの間に何をしていけば人生を謳歌できるかを書いていくエンディングノートがあります

エンディングですから当然避けられない介護や死に対することも書いていくことは大事な事です。


気軽に書いていきましょう


自分史を書いてみましょうと言っていますが、

自分が分かればいいんです。

だから文字だけでなく画像も入れて飾ることでとっても見栄えのする自分史になります。

画像だけでもいいですね、

昔の写真をひっぱり出してきてエンディングノートに張り付けていく、ちょこっと感想を書いたり、当時の思い出をメモしたりできます。

 

こんな感じでもいいですね。

■文字だけの自分史

■文字と画像の自分史

■画像だけの自分史

 

先生はどうしているかな?

あいつは何をしているんだろう

?あの子は・・・?など

いろいろと思い出が膨らんできます。

最初は数行のメモ程度だったのに、だんだんといろいろな考え方や思い出を詳細に書くようになれば楽しいエンディングノートの出来上がりです。

過去を振り返りながらエンディングノートを書くことにより、これ先の時間の使い方をどのように充実させればいいか気ずく はずです

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス