21 9月
2018

認知症についてのまとめ/認知症の早期発見と認知症予防

カテゴリ:介護

スポンサーリンク

認知症の中であって全ての約70 %を占有するアルツハイマー病
記憶障害だったり徘徊なんかで知られていると思いますが、始めの内か らそういうふうなはっきりとした異変が見られるわけではありません。

だいたい、アルツハイマー病は40代・ 50 代にかけて芽が成長開始します。潜伏期間は10~25 年。その間にほ自分で感じる症状がないのです。勿論自分自身もご家族まったく気付きません。

あなた自身でいつも通りの日常を送っている中にあって、神経細胞などが死滅を続行し、脳はもうすでにクタクタ。病気は末期に近づいています。
アルツハイマー病が発症したとなると、平均余命は 8年と考えられています。根本的な療法は無く、可能なことは薬剤等々で進行をわずかに遅らせることだけです。

⇒「あれ?」や「ぼんやりに」サプリメント


認知症とは


1・いろいろな原因で、
2・脳の司令塔の働きに不都合が生じ、
3・さまざまな障害が起こり、
4・生活に支障が生じるような状況が5・6カ月以上続いている状態
です。

認知症になる発端として一番多数を占めるのは

18歳以上、65歳未満で発症する認知症でアルツハイマー病です

「認知症」は、脳の疾病で何かしらの要因となる病気によって「認知症」がもたらされます。

代表となる疾患には、アルツハイマー病、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症などが挙げられます。

脳の神経細胞が少しずつ死亡して脳が縮小していきます。アルツハイマー病は、認知症全ての約70%を占有すると言われています。

認知症同様の症状が生じるが、治療できる疾病として、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、甲状腺疾患を挙げられます。よく言う「治る認知症」と捉えられているものです。

こちらの疾病は、迅速に治療を行っていけば治りますが、長きに亘り何も行わないと回復することができないというわけです。


症状 初期症状


2025年には約700万人にのぼるといわれる認知症患者。

65歳以上の高齢者、約5人に1人にあたる。

日頃からできる認知症予防とは?

人の名前が思い出せなくて不安に思うことは誰しもあるものだが、年を重ねてくると、物忘れは増えてくる。
だが、それが認知症によるものなのか、単なる物忘れなのか、見分け方がある。

■認知症と物忘れの違いは?

単なる加齢による物忘れの特徴。

・体験したことは覚えているが、一部だけが思い出せない
・特に昔のことが思い出せない
・「忘れた」自覚がある。

認知症による物忘れの特徴

・体験自体が思い出せない
・特に最近のことが思い出せない
・「忘れた」という自覚がない

認知症の場合、自覚のないまま、急に進行することもあるため、家族などが早めに気づいてあげることが大切だ。
65歳以上で発症する老人性認知症と同様に、脳血管障害やアルツハイマー病などによってもの忘れ、言語障害などの症状が現れる

⇒「あれ?」や「ぼんやりに」サプリメント


代表的な認知症の初期症状


認知症の早い内の発見については家族や周りの人の”気づきよいうことが大事です以下の様な行動言動がもたらされるケースだと注意が必要です

同じ事を何回も言う

脳の機能老化して来ると寸前にあったことや言った内容の記憶が出来なくて同内容話し繰り返すようになるでしょう独り言みたいにつぶやくのみであればまだ良いかも知れません外のお天気かな?」「今日のところは勤めお休みなの?」という風に質問何回もするようにもなったのです

ご飯を食べたことを忘れる

認知症のとしてはしばしば見られるというのがご飯を食べたことを忘れてご飯まだ?」と言われることです。「ついさっき食べたでしょという様な答えを返して理解してもらえるならば良いと思いますが本人が簡単には了解しない状況のぞかせるようならば注意してみて下さい

感情の起伏が激しさを増す

急に腹を立てた反対に落ち込んだ情緒の起伏が激しさを増すことがおこります一例としていままで積極的に取り組んでいた趣味においてパッタリ無関心に及ぶといった兆しが来る場合は気をつける必要があります

お出かけして自分自身で帰宅できない

散歩買い物などにおいてお出かけして自宅の位置思い出なくなって帰宅出来なくなる場合認知を起こしている見込みが大きいだと思われますこういったふうに日付時間場所というもの認知できなくなる状態を「見当障害と言っています

作業完了しないままやり状態で忘れ去ってしまう

何事かひとつの作業全力を傾けていてもこれ以外の事態にキモチ移ればやり状態でよその行動に移ってしまったりということがいっぱいあると認知症の疑惑があるのです

部屋を散かしたり、汚したりする

認知悪くなり記憶目に見えて下降するものをしまった位置思い出なくなってしまいますそれでひとたび探し物を開始するとタンスの棚より入れ中に至るまで部屋隅々まで探し回ることになります探し物を見つける迄は気掛かりな気持ちを持っていますのでしたものを元通りにする片付けるというような余裕ないといえます


大きく分けて4種類に分類


(1)アルツハイマー型認知症

脳の容量が小さくなり萎縮することで、

症状が現れる認知症がアルツハイマー型認知症です。

(2)レビー小体型認知症

レビー小体という物質が脳全体に広がって幻視や筋肉のこわばり(パーキンソン症状)

などを伴うのがレビー小体型認知症です。

(3)脳血管性認知症

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血 などの、脳の血管の病気によって、引き起こされます

パーキンソン病とは

神経難病の一つです。神経難病とは、神経の病気の中で、

はっきりとした原因や治療が分かっていないものです。

「手足のふるえ」「筋肉のこわばり」「ゆっくりとした動作」

「前かがみの姿勢」「小刻みな歩行」「転びやすい」といった症状が現れます。

<政府広報オンライン参照>しました、


認知症の治療


認知になってしまった元に戻ることはほぼありませんので

認知にならないよう予防することが必須です

しかしながら軽度認知症(MCI)のならば進行を遅せることができます

アルツハイマー認知少しずつ進行する病気になります

今のところしっかり治療して以前の状態に戻すというのは困難だと思いますが病気進行できる範囲でせて自身が少しでも長くとして過ごすことができるように手助けすること、そして御家族の介護のダメージ軽くするということが治療メインとなってます

アルツハイマー認知症の治療においてはにおいての治療(薬治療を使用しない治療療法があげられます


行動・心理症状(BPSD)


中核症状それぞれによって日々の生活がしづらくなった時に想定できる二次的な症状を意味します。症状の出現の形は各人各様個人差が見受けられます。

妄想や幻覚

大切なものをしまってどんな所にしまったか忘れ去ってしまう、あるいは、しまったことそれ自体を忘れ去ってしまい、「泥棒に入られて、盗まれた!」といった物盗られ妄想がもたらされるケースがあります。

不安・焦燥・抑うつ

記憶が消えうせる・忘れ去ってしまうことに対する憂いがつのって、イライラする気持ち、涙もろくといった心、落ち込むなどが見られます。

徘徊

自身は目的をもって歩行しているというのに、実際のところ妄想や幻覚により徘徊している時や、入院や入所、リフォームなんかに起因する住居環境の変化などによって徘徊するケースだと、トイレの位置が分からない状況などが見受けられます。
徘徊が見られたといった場合、その目的を問い掛けてみること、否定しないことが大事です。例えるなら、「買い物に行く」と言って玄関から外出しかけた場合、「夜だから明日にしましょう」や自宅の周りを連れ立って一周するといった手段もあります。

不潔行為

トイレの場所がまるで分からない、トイレの使い方がはっきりわかっていない、トイレまで間に合わせることができず失禁した時などに、汚れた下着を分からなくしたり、汚れた下着の状態でで生活するといった不潔行為が想定されることも考えられます。自己も失敗感があって、隠したい気持ちがはたらくためです。
トイレの場所や使い方がわかり易く張り紙を行なう、排泄の間隔を時間をみながら導き入れる、汚れた下着を隠しても疑いを持たないとという感じの対応をした方が良いでしょう。


症状と障害


認知症になると、普通では考えられない行動をとることがあります。

まさか、と思うような行動をしたり。もたもたしたりします。

怒ったり、急がせたりすると本人もイライラしたりするので

逆効果となりますので、ゆっくりと見届けてあげることが必要です。

(1)記憶障害

新しいことを記憶できず、ついさっき聞いたことさえ思い出せなくなります。

(2)見当識(けんとうしき)障害

まず時間や季節感の感覚が薄れ、

その後に迷子になったり遠くに歩いて行こうとしたりするようになります。

(3)理解・判断力の障害

思考スピードが低下して、二つ以上のことが重なると話している相手が

誰かわからなくなるなど考え分けることができなくなる

(4)実行機能障害

買い物で同じものを購入してしまう、料理を並行して進められないなど、

自分で計画を立てられない・予想外の変化にも柔軟に対応できないなど、

物事をスムーズに進められなくなります。

(5)感情表現の変化

その場の状況がうまく認識できなくなるため、周りの人が予測しない、

思いがけない感情の反応を示すようになります。

<政府広報オンライン参照>しました

 


「ものとられ妄想」


自分でしまった財布をご家族に盗られたといった「ものとられ妄想」

認知症の人にしばしば見られる精神症状としまして、もの盗られ妄想といった被害妄想を挙げられます。

・大切な物ということでしまいこみ、しまった置き場所をポッカリと忘れてしまい、「通帳がなくなった!」と言ってしまいます。そのうえで「自分が忘れるわけがない」と思っているので、
間近でお手伝いをして頂く人が盗んだんだ、となってしまう「もの盗られ妄想」が生じます。  

このことは「記憶障害」といった中核症状に、独立心が強いといった性格や、
家族に迷惑をかけているという状態が影響を及ぼして起こっています。

・なくし物が出てきたら、それ次第でおさまる妄想になります。一緒に探して、当人が見つけ出せるみたいな感じにするのがいいでしょう。
(介護者が発見して「ほら、あったでしょ」と言ったら、「あんたが隠したから場所がわかったんだ」と言うことも見受けられるのです。)

・ものとられ妄想では、疑念を抱かれている介護者(最も近くでお手伝いを行っている人)が疲労しないように、介護者を手助けすることなども覚えておかなければなりません。


認知症の早期発見と認知症予防


認知症にはいくつかの予兆があります。

大切なのは”絶対にそこで放置してしまわないこと”。

誰しも自分や家族が認知症であることを受け入れたくはないので、

「自分は(家族は)まだ大丈夫」
「ちょっとうっかりが増えただけだから」
「もう少し悪くなったら対策を考えよう」

と、問題を先送りにしてしまいます。

●昨日の夜は食べましたか?… 何を食べましたか? 覚えていますか!?
●物忘れは、部分的に忘れてしまうことです ※生活や食事の変化がない、毎日おせんべい、など同じ生活習慣は認知症が進行します
●認知症とは、そのこと全て忘れてしまう病気です。
●脳は、鍛え方があります。(1日の行動計画、複数を行う、日記、新聞などは声に出して読むなど)

※認知症は、現代の医学では進行は遅らせても、改善はできないです。
●認知症の前段階を、軽度認知障害(MCI)と言います。 厚生労働省データによりますと、この部分で見つかり対策をした方は半分以上が認知症にまで進行しないと言っています。
この部分を的確に発見するシステムがある事は覚えておいてください。
一部国立大学病院なども取り入れていますが、アメリカ発で発見率97%残り3%をグレー判定いたしますので、ほぼ100%の判定率を誇るものがあります。 

●認知症はどんな状態でしょう?
『今を覚えられない病気』と言われています。 だから、昔を覚えている状態の場合が多いです。
若いころ(特によかった時の思い出はいつまでも消えません)何故なら、何回も何回もしゃべり続けるので脳の奥底(海馬)に残っています。
※その人に話したか否かは覚えていないので、繰り返し話しているなんてことは当然です。

⇒「あれ?」や「ぼんやりに」サプリメント


認知症の注意信号


・冷蔵庫に卵、牛乳がいくつも入っている⇒買い物は一人で行けるが冷蔵庫の中身は覚えていない

・小銭入れがパンパン⇒いつもお札でお支払い⇒会計は1,001円でも2千円を渡す⇒店員さんから【1円ございますか?】

・きれい好きの母だったのに実家が汚い、片付いていない⇒掃除した日を忘れる、今、目の前の現状が認識できない=【今を忘れる病気】

・認知症は何もできない病気ではありません。 何十キロでも歩きますし、電車にも乗れちゃいます。

・認知症とは体験したこと自体を忘れる病気です。 家族ドラマで見たことありますよね…あら和子さん夕飯は?
もうお母さん、さっき食べたでしょ!⇒ 息子が帰ってきて『和子は夕飯も作ってくれない!』 これが認知症

・規則正しいと逆に認知症が促進される場合はあります。 何故なら『変化がない』からです、また今日も折り紙か、明日も折り紙か…思考能力が下がります。

・刑務所の認知症問題が深刻です。 規則正しく、頭を使わない毎日⇒ボケる⇒受刑中だから追い出せない⇒仕事にもつけずに再犯のスパイラルになる高齢者が急増しています。

・これとは違い記憶しない情報があります。 子供のころは携帯すらなく家電でコミュニケーションをとっていましたから、友達の電話番号を覚えてましたよね。
昔のアイドルの名前は出てきても、最近のAKB、EXILEなんて誰が誰だかさっぱり覚えられず、お医者さんにチェックしていただいたけど問題なしの結果。
お医者さん…大丈夫です…スマホを見るから覚える必要がないと脳が認識しているからです…これは物忘れですらありません。

・認知症と認定(うたがいも)されると銀行口座は凍結される可能性があります。・行員の質問に答えられない、印鑑を何度も間違えていつまでも正しい印鑑が持ってこれない。

※引き出しできるようにするには家庭裁判所の指定した後見人が専任される必要があり、
通帳名義に引き出し出来る後見人の氏名が表記され、自分では引き出し出来ません。





MCI 軽度認知障害


認知症の早期発見と認知症予防

認知症にはいくつかの予兆があります。

大切なのは”絶対にそこで放置してしまわないこと”。

誰しも自分や家族が認知症であることを受け入れたくはないので、

「自分は(家族は)まだ大丈夫」
「ちょっとうっかりが増えただけだから」
「もう少し悪くなったら対策を考えよう」

と、問題を先送りにしてしまいます。

「認知症の本人には自覚がない」というのは、大きな勘違いです。認知症の症状に初めに感じる(何となくおかしくなっていると思う)とされるのは自分自身です。

・どんな人でも、いつもと異なる場所で、ここのところが何処だか分からないで心細くなるといった経験をすると思われます。認知症の人はずっとそういうふうな不安な状態での中において暮らしていると理解してください。どなたよりも苦しいのも悲しいのも当人です。

・また、認知症の人が、「私はもの忘れなんかない」と言って、家族を困らせていることが相当数見受けられます。そういった主張は、言ってみれば病気を否定する自己正当化なのです。

・認知症の人においては、障害を認識し、さりげなく支援をする「人間杖」を欠かすことが出来ません。街の中に、大勢の温かく見守って確実な支援してくれる人がいるなら、外出も不可能ではありません。こころのバリアフリー社会をつくるという考え方が「認知症サポーター」の役割りです。

・それから一番配慮していただきたいのは、さりげなく、ごく自然にやらなければいけないこと、それが一番の望みです。


『軽度認知障害テスト』MCIテストの費用


経度認知障害(MCI)と認知症の関係

認知症とは=認知機能が低下し、日常生活に影響が出ている状態

MCIとは=認知機能が低下しているが、日常生活には影響が出ていない状態

保険適用外で、検査費用は高額ですが、 アルツハイマー型認知症にかかる前に、その危険性を予測できる(早期発見できる)検査です。

ネットで調べると大体の病院で

1)あたまの健康チェックは、5000円前後

2)MCIスクリーニング検査は、1回あたり約20000円前後

3)APOE遺伝子検査は、1回あたり約20000円前後

あたまの健康チェック(10分程度で行える簡易なテスト)で良くない時は、

MCIスクリーニング検査、APOE遺伝子検査を受けた方が良いでしょう。

年に数回行ったらいくらかかるかわかりませんね。

認知症は予防したいけれども、そんなにお金かけられないという方も多いと思います。

そういう時は、心託サービスを年間20000円固定で利用するとあたまの健康チェックが何回もできます。(スコアが低かった場合は毎月実施できます。)

月1回、12回利用したら60000円になります。40000円も安くできますね。認知症にならなければ、安いもんです。

また心託サービスを通してテーペックでご相談もできます。

このサービスは心託サービスの会員で利用できます。

【頭の定期検診】年: 2万円+税
MCIの早期発見
定期健康診断(お電話で実施いたします)
改善策のご提案(低スコアの場合ご提案いたします)
専門医のご紹介(ティーペックサービスを利用ください)
※基本年2回ですが、スコアが低かった場合、毎月実施

 

心託サービス(T-PEC(ティーペック)も含まれています)

⇒ 心託(しんたく)会員を申請する

入会金5000円で医療サービス(ティーペックも利用できます)、介護案内サービス、法律相談サービス、葬儀サービスの全てを会員のみが受けられます。一生涯利用できます。月額費用は不要です

安心して使っていただくために90日間返金保証
いざという時の駆け込みサービス、使用価値がないと思ったら返金します。理由を書いてメールしてください。返金したからと言って心託サービスが無効になるわけではありません。一生涯利用してください。(振込手数料は当社で負担します)

当HPから限定クーポン発行中:今だけ1000円クーポン JWHNZ9VF で4000円で受付中です。

会員証発行の流れ

心託会員証申請終了後⇒記載内容のチェック後に本申請⇒心託会員証の作成⇒心託会員証の発送(2日から7日)⇒心託会員証到着後 医療サポートテーペックへ相談して下さい。


早い時期に自覚しておくことのメリット


病気が明らかになってるタイミングで少しずつ見方を深くしていけば日々の生活上の障害を緩和できそれ以降のトラブルを減少することも可能でしょう。

障害のそれほどではないうちに障害が重くなってしまった時の後見人を決定しておく任意後見人制度等の用意を行なっておけば認知症だとしてもあなた自身が願う生き様を行なうことは可能だと言えます。

認知症みたいな症状が現れても回復する病気や一過性の症状の際もあると思いますが長い期間放置すると回復が実行できなくなります。


■認知症はどう予防すればいい?


食事も大事ですが、認知症予防にはやはり運動、

ウオーキングなどの有酸素運動が効果的だといわれている。

ただ、ダラダラとゆっくり歩いていては、効果がない。

例えば友達をウオーキングをしておしゃべりができない程度、

苦しくて話せないくらいの速いスピードで歩くことが大切だ。

キツいが休みを入れながら、2日に1回、10分間以上を目安に速めのウオーキングを続けるといい。

運動は、認知症のリスクを上げる糖尿病などの生活習慣病対策にもつながる。 ただ年をとればとるほどキツい運動が難しい人もいる。

運動睡眠も大切ですが食事が私たちの脳に与えるインパクトが特に大きいことは、多くの研究者が認 めていまいます。わかりやすく言えば、アルツハイマー病とは、脳に必要な栄養素が不足したりダメージを与える食べ物を日常的にとったりすることによって引き起こされる病気だからです。

■運動と料理が効果的

東京医科歯科大学・朝田特任教授「これはなんといっても料理です。
料理というのは、まずメニューを考えることから始めますよね。食材を集めてくることもある。
それから調理して、適当なタイミングで炒めるとか、(料理は)多くの知的なプロセスを積み重ねてできているので重要」 ただ料理を作るだけでも予防の効果があるという。
認知症予防はいくつかの作業を同時に行うことが脳を鍛えることにつながる。新たなことに直面する、
というのが脳への一番の刺激になるから、作り慣れた料理だけではなく、
今まで作ったことのない料理に挑戦することが重要だという。
男性も女性も新しい料理に挑戦してみる、というのも、いいかもしれない。

⇒「あれ?」や「ぼんやりに」サプリメント


「健康」な高齢者はこれをしてる


「健康」な高齢者の9割 毎日 家族や友人と会話している。
外出している人が8割

政府は19日の閣議で、2018年版の高齢社会白書を決定した。自身の健康状態が「良い」と考えている高齢者のうちほぼ毎日、家族や友人と会話している人が9割、外出している人が8割に上り、健康を自認している人は頻繁に会話や外出をしていることが分かった。  

調査は、内閣府が昨年12月から今年1月にかけ、全国の55歳以上の男女3000人を対象に実施し、約2000人から有効回答を得た。自身の健康状態を「良い」「まあ良い」と答えたのは全体の52.3%だったのに対し、「良くない」「あまり良くない」は18.1%だった。  

「良くない」と答えた人のうち、ほとんど毎日会話する人は67.2%、外出する人は31.1%だった。日常的に心掛けている健康活動に関する質問(複数回答)には、「栄養バランスのとれた食事をとる」が59.4%で最も高く、「健康診査などを定期的に受ける」が53.3%、「休養や睡眠を十分にとる」が53.0%で続いた。  

医療や健康に関する情報をインターネットで調べることがある人のうち、ネットで得た情報を「ほぼ信用して行動の根拠にしている」と回答した人は14.1%にとどまった。白書は「ネットの広がりは高齢期の健康にも効果が期待できるが、正しい情報を取捨選択できる目を持つことが求められる」としている。 


地域包括センターの利用


若年性認知症の発症年齢は平均51歳前後、つまり働き盛りの人が発症することも多いのが現実です。

一家の大黒柱を担っていた人が発症し、仕事が続けられずに大きな経済負担を強いられることもあります。収入の減少、配偶者の勤労と介護の両立、子供の養育費など、家族の関係性が変化すると共に、介護負担が大きくなることが懸念されます。

いざ介護を行うとなると、どこに相談して良いか分からない方も多いのではないでしょうか。

まずはお住まいの地域の「地域包括支援センター」に相談しましょう。

認知症における地域包括支援センターの利用
介護保険制度で受けられるサービス
認知症ケアと介護における大事にしたい考え方

免許の返納
運転をする際には、同時に判断する能力が必要となります。そのため、認知症が見られる場合、高速道路の車線を間違えたり、信号を無視したり、アクセルとブレーキを上手く使えずスピードを出し過ぎるなど、事故につながるケースもあります。

家族が説明をして納得が得られる場合は返納をしましょう。納得が得られない場合、主治医や警察に相談をしましょう。道路交通法では、認知症と診断された場合、免許が停止となります。 ご本人のお気持ちやプライドも考慮すると共に、安全を第一に考えて行動することが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス