26 11月
2018

悪質業者に注意/詐欺に狙われていますよ!


スポンサーリンク



後を絶たない消費者トラブル悪質商法や詐欺の手口は巧妙化しており

電話やインターネットなど様々なことをきっかけに次から次へと出てくる消費者トラブル悪質商法や詐欺のやり口はさらに巧妙というような感じになっています

最近では誰もが電話やインターネットなどなどいろいろな事をきっかけとして、どんな人でも被害に直面するおそれもあります

それを避けるために特に中高年年代にけっこう多いトラブルの傾向と対策法のこと取りまとめました


困った時は消費者ホットライン188


紹介してる事例のほかにも健康食品のトライアル購入のはずなのに高額代金で二回三回と送られきて定期購入になってしまったといったものでどうしたら良いかわからないことがあったならば

消費者ホットライン188 番まで連絡することをおすすめします

1)最寄にある消費者生活センターなどのような相談の窓口をご紹介してくれます

2)年末年始を除いて基本的には毎日利用が出来ます

3)受付の曜日ないしは時間帯については消費生活相談窓口に応じて異なってきます

肝心なのはあなた自身で悩むことなくすぐさま相談することが重要です

通話料は発生しますが相談にはお金が掛からずないので安心して活用してください 


トラブル相談


2017年度に日本全国の消費生活センター等に届けられたトラブル相談というのは約937000件にのぼりました

このなかには被害を受けたというのもあればご利用者様が契約のことをしっかりと分かっていなかったせいで不利益をもらったことも入っています

こちらの相談というのは60代以上が4割くらいを占有していて高齢者がトラブルの状態になったケースがうかがえます

50代でさえこのごろは上昇傾向で40台や30台だっておのおので10パーセントくらい相談件数が見られるます。ことをみても全世代においてトラブルにあっていることになります

トラブルの中身については架空請求については16年度に比較し2倍以上アップしており特に気をつける必要があります

その上高齢者が詐欺にあったケースになると「お金」「健康」「孤独」というような三つの大きな不安につけこまれる確率が高いです

悪質業者というのは上手いこと言ってこういった不安を煽り立てて親切に応えて信頼を手に入れて年金をや貯蓄などのような財産をターゲットにしてくるのです

高齢者については在宅されている割合が高いことにより電話勧誘による販売ないしは家庭の方への訪問販売の被害に見舞われやすい 割合が高いです


誰でも騙されるとの認識を慌てず信頼できる人に相談


詐欺や悪質商法のやり口というのは数知れない上、日々巧妙になっています

そういうわけで誰もが引っかかるといった認識をもつことが重要です

私は大丈夫、うちにはお金が無いといった油断やすきがあるとついひかかってしまいます

詐欺の被害を受けた人の特性としましてなんといっても慌ててしまってすぐにでも銀行口座に振込んでしまった

或いは現金で手渡ししてしまったといったことがあげられています

そういう理由でお金の出し入れが生じる状況になったら一呼吸ついて冷静さを取り戻してみる

そして信頼できる人に聞いてみることが重要です こうやればたくさんの方が被害に会わないですむでしょう

家の固定電話に録音機をつける場合や留守電の設定に変えておくのも役立ちます


急いで業者に電話すると個人データをとらる


訴訟取り下げ金を必要とするなどとウソを口にしてお金が必要だと言われたりします

それらの支払に従ってしまうことになると一層トラブルとなってしまうおそれもあります

支払方法も多様なものとなっており

1)銀行口座への振込みにとどまらず

2)コンビニエンスストア等を利用して仮想通貨の取引所へ振込させるものや

3)プリペイドカードを買い入れてカード番号を通知につなげるものといったものなど

多種多様に及ぶので注意しましょう

知っておくようにしよう悪質なやり口


架空請求


だいたいの年代で上位を占有する被害が架空請求になります

実際に利用していないというのにサイトを使用したと言って料金請求しお金をだましとるやり口になります

請求の名目については有料サイトの利用料やコンテンツ利用料といったものなど色々なものがあるものです

請求の方法もスマホや携帯電話のショートメールやハガキ、封書などがあります

料金未納と言ったメールに法的手続に移りますという風に記されていたり、

はがきに未納料金における訴訟、最終告知通知書みたいな

不安をあおられる文言があったりしたらどうしても動揺してしまうのです

それにプラスし公的機関といったようなネーミングや実在する事業所の 業者を語るケースもあるなど極めて手が込んでいるのです

トラブルを除けるポイントとして

1、反応を示さないで知らんぷりをする

2、絶対に相手方に連絡しない

3、不安な時については消費者ホットラインにきいてみるといいでしょう


送りつけ商法


 

注文していなくても健康食品や魚介類などといった物品を送りつけ料金を支払わらせるやり口となります

最初に電話にて勧誘し無理に話を進めで品物を送り、支払を迫るケースも多くあります

記憶がないというのにこの前申込を頂戴した健康食品をこれから送ります

と突然のよう電話が掛かってくる例や受け取りを断ったことにより業者からの立腹した電話があってたりとか

その恐さから再度物品が送られてきた時にしかたなくお金をはらってしまうケースがあります

さらに家の人が誰も注文していないというのに代引で物品が届いてついつい支払いをしまったというような例も見られます

代金引換で物品を買い入れるならば同居する家族の中であらかじめシェアしておくと良いでしょう

物品と同時に現金書留封筒を同封してを送り、ちょっと経ってから電話で料金の郵送を促すということもあります

そのような送りつけ商法を阻止するためには申し込んだ覚えが無く、買い入れる気がなかったら率直に拒むことが重要になります

さらに頼んでいない品物が届けられたならば宅配業者に受け取らない考えを伝えて受取拒否してください

中にはクーリングオフができることもあるので早いうちに消費生活センター等に相談した方が良いでしょう


住宅の点検商法


 

住宅の点検商法というのはタダで点検します外壁が荒れているみたいなので点検した方がいいでしょうと言って訪問

点検した後放置しておくと大変な目に会うすぐに工事をおこなった方がいいです

などと不安を刺激し割高なサービスを申し込みさせたり

リフォームを促されたりするやり方になります

屋根もしくは床下排水管など容易にチェックできない所は把握が困難なことから簡単には事業者に言う通りに契約してしまうものです

無償で点検と訪問してくる業者は対応しない方が良いです

なかには自治体の関係者を言うかもしれないがその時は自治体に確認してみましょう さらに業者の方より契約を急がされたとしても冷静になって判定し直ぐには契約しないで2カ所以上の業者より見積もりを取り比較してみることが大切です


還付金詐欺


高い額のお金を騙しとられてしまう還付金詐欺

国民生活センターにもちこまれる還付金詐欺の相談の大部分が六十歳を越える高齢者の方でこれから先年末にわたって特別気を付ける必要があります

還付金詐欺と言うのは自治体や金融機関の担当者を名乗って

「健康保険料を払戻しする」

「医療費の払い戻しがある 」

「税金の還付がある」

などと言って受取りのために ATM に誘い確実に振り込ませて金銭をだまし取るやり方になります

まず気をつけたいは自治体や金融機関といった係員が ATM の指図を電話にて指示するというのはぜったいに無いということなんです

万が一そういった電話が掛かってきたなら詐欺になります

還付金に思い当たる節のある場合であっても直ちに ATM に行かないで自治体に電話して確認しましょう


光回線サービス


思っている以上に中高年世代にけっこう多いトラブルの一種として光回線サービスの光コラボレーションに関係したゴタゴタが見受けられます

ntt東日本と NTT 西日本については光回線サービスの卸売を行っていて

この卸売を受け取った事業者も光回線を販売しています

この事業者はお客さんには光回線と幾つものサービスをセットで取り扱っています

NTT 東西の方よりこういった業者に入会を切り替える時には NTT 東西といった光回線の契約は無くなるので注意しましょう

あなたがきちんと把握しないまま契約したことによってサービスの変更と思っていたら違う業者の契約になってしまった

お金が安価になると聞いているのにこれまでより高くなったといった場合が上げられます

問題避けて通るための ポイントについては契約を交わす事業者名とサービスの月額利用料やオプションサービス 解約に書かる費用 というものを正しく納得することが重要になります

誘われてもすぐさま契約しないで 現在の契約と新たな契約の中身をきちんと対比させ考えた上でどうしても必要でなければスッパリと断りましょう

ちなみに光回線の契約は契約文章が届けられた日を初日とし八日という期間の内に解約する内容の文章を差し出せば 違約金が生じないで解約が行なえます

ただし事務手数料や工事費もうすでに使ったサービス料は支払うことになる必要があります


有料動画サイトの未納料金が発生


SMSやメールは典型的な詐欺の手口です

「本日中に連絡がなければ法的手続きに移行します。」

と言って連絡をさせるように仕向けます

汗って電話するとさまざまな名目で金銭の支払いを要求されるので絶対に連絡をしないようにしてください。

心配な方は
各地の消費者生活相談窓口(電話番号:188)や警察(電話番号:#9110)に相談するようにしてください。

相手は無作為にメールをしてきています。

無視していても電話連絡してくることは、ほとんど無いといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス