24 4月
2018

認知症になる前に任意後見契約を検討しておきましょう

カテゴリ:相続

スポンサーリンク

 

任意後見契約のシステムというのは、近い将来、認知症などによって考え方を表すことができなくなった時に助けてくれるものです。

財産管理とか生活に欠かせない契約・お手続きというものをフォローしてくれる人を「任意後見人」と呼び、

前もって選択しておくことができる契約になります。


認知症になったらこのようなことで困ってしまうかも… ?


★財産または貴重品等の管理することが行えなくなる ?

★日頃の生活に必要不可欠な色々なお手続きがやれなくなる ?

★健康状態を管理すること・衛生にかんする管理等が実行できなくなる ?

★介護とか医療のサービスが自分自身で申し込みができない

認知症が進み的確な判断の衰えると、経済面におきましても健康面におきましても、自分自身を管理するのが困難になります。

認知症の皆さんの「出来ないこと」をバックアップする制度 認知であったり精神障害などによってみずからの大事なことの判断行なえないにとって利益が起きないために

法律的な時や生活において気づかいながら色々な契約お手続きサポートしてくれる人を「成」として定める制度となっています


おひとりさまや単独所帯はどうする?


今は大丈夫だが、

認知症などで判断する能力が低くなったら、

自分の代わりに財産管理をしてもらわなくてはいけません、

信頼できる任意後見人を決めて契約しておきます。

そうしないとあなたの事を誰も見る事が出来なくなります。

重要な契約となりますので公正証書を作成します。

おひとりさまや単独所帯など、

葬儀や納骨についても助けてほしい人は「死後事務委任契約」を結べます。


身元引受人、保証人について


病院や介護施設において、90%以上の所が保証人を求めています。

通常であれば、家族の人がなる場合が多いですが、最近ではおひとりさまや単独所帯が増えてきているので、お友達や親戚にお願いしますが、出来ない人もいます。

それでは、病院にも入れませんので保証人の代行というサービスがあるんです。

基本的には1回5~6万円から契約サービスで100万以上のサービスもありますので、よく調べて契約することが必要です。

あるところでは、20年契約で入会金と事務管理費、年会費だけで105万で預託金が20万円、合計125万円なんていうところもあります。


「身元引受人」と「身元保証人」の違い


老人ホームが異なれば身元引受人を要求する場所身元保証人を要求する場所が見られます

契約もしくは申込である書き込みによればいずれを求めているのだろうかと判断するということが可能といえます

どっちにしろだいたいの点に於いてはとして問題ないのですが少しだけ異なってきます

身元引受人とは

本人がの時に対応協議相談するできる

身元保証人とは

身元引受人役割も含め当人が支払いできなくなった時には代理として役割を担う人になります。

身元引受人というもの根本的に施設との連絡対応の役割を果たしていくことです

身元保証人というのは支払いに関係する責務においてさえ課せれているため働きとしては少し重くなります

そんな理由から負担大きさにおいては

身元保証人 の方が 身元引受人よりおおきいと言って良いでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料メール講座


いざとなった時にあなたは、どの様に対応しますか?
1⃣ 11日間で学ぶ終活で損をしないメール講座
2⃣ 終活ガイド初級メール講座
3⃣ メルマガ終活の基礎知識

◆医療、介護、法律、葬儀でお困りの方へ
⇒ 終活の無料相談窓口 受付中
◆エンディングノートの書き方を学びたい方に
⇒ エンディングノートセミナー 受付中(無料、有料)
◆終活に関することの学びと情報
⇒ 終活クラブ/無料登録
◆入院、介護施設、老人ホームでお困りの方へ
⇒ 身元保証代行、保証人/医療施設、介護施設の相談
◆セミナースケジュールと申込み
⇒ エンディングノートセミナー・終活ガイド検定
◆毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン
◆質問&意見 受付中
⇒ 質問&意見 その他一言広場
◆終活協議会/野田で終活相談
⇒ 終活ガイド検定とは・心託サービスとは
◆医療・介護・保険・相続・葬儀・お墓についての
⇒ 気になるニュースまとめ

スポンサーリンク



カテゴリー

社団法人終活協議会/想いコーポレーション
人生100年を楽しむ 終活の窓口・千葉県事務局
心託コンシェルジュ
終活ガイド検定認定講師
エンディングノート認定講師
身元保証認定講師
終活セミナー
認知症サポーター
野田市シルバーリハビリ体操初級指導士
終活トータルガイドの鹿野(しかの)です。
認定NO.  00002557

◆「まちゼミ」に参加しています。
◆「千葉県おもてなし宣言」に参加しています。

エンデイングノートを中心に終活トータル・ガイド情報をお届けしています。

終活は、とても複雑です。全部を知ることは無理ですが、知ることは大事なことです。

医療、医療相談、病院、保険、保証人、身元引受人、介護、介護施設、認知症予防、見守り、不用品、生前生理、遺品整理、法律家、相続、不動産、葬儀、弁護士、税理士、僧侶、寺院、戒名、供養、お墓、仏壇などの情報発信をします。
上記の無料相談受け付けています。以下より依頼ください。
心託サービス/相談窓口 受付中

エンディングノートセミナーと終活ガイド検定 受付中

認知症の養成講座を受けてサポーターになりました。

使いやすさと便利さを考えたエンディングノートのPDF・冊子を無料でプレゼント中!

エンディングノートPDFプレゼント
エンディングノート冊子プレゼント
エンディングノートの書き方と考え方マニュアル【目次】
毎日メールで学ぶことができます。
⇒ 終活の基礎知識 メールマガジン

心託サービス

入会金5000円で一生涯利用できます。月額費用は不要です。T-PEC(ティーペック)も利用出来ます。

⇒ ティーペックとは

いざという時の医療相談サービス
いざという時の葬儀相談サービス
いざという時の法律相談サービス
⇒ 心託サービスの概要/医療・介護・法律・葬儀サービス